Topics.png新たなる「ピアノ革命始動」・・・
レ・フレール結成10周年のアニバーサリーイヤーに、レ・フレールとニューヨーク・シンフォニック・アンサンブルの共演が実現!2012年12月に「KIRIN presents レ・フレール結成10周年記念コンサート レ・フレール管弦楽団 meets ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル」の開催が決定。
レ・フレールの楽曲がオーケストラアレンジで響きわたります。特別な一年の特別なコラボレーション、ぜひお見逃しなく。

LFNYSE.jpgKIRIN presents レ・フレール結成10周年記念コンサート
レ・フレール管弦楽団 meets ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル

出演:レ・フレール(ピアノデュオ)/高原守(指揮)/ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル(オーケストラ)

2012年12月
05日(水)愛 知・名古屋 愛知県芸術劇場 コンサートホール
11日(火)北海道・札 幌 札幌コンサートホール Kitara大ホール
12日(水)岩 手・盛 岡 盛岡市民文化ホール
14日(金)東 京・渋 谷 Bunkamuraオーチャードホール
16日(日)長 野・松 本 まつもと市民芸術館
21日(金)岡 山・岡 山 岡山市民会館
23日(日)大 阪・大 阪 梅田芸術劇場 メインホール
24日(月)福 岡・福 岡 アクロス福岡 シンフォニーホール
*各公演詳細は随時アップいたします

◆ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル New York Symphonic Ensemble
指揮:高原守 Mamoru Takahara
1979年より、ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル(N.Y.S.E.)の音楽監督および常任指揮者を務める。国立音楽大学卒業後、レナード・バーンスタインにその実力を認められ、ニューヨーク・フィルハーモニックで指揮を学ぶため渡米。その後、ニューヨークを拠点に指揮者として本格的な活動を始め、79年にニューヨーク・シンフォニック・アンサンブルの前身であるニューヨーク・メトロポリタン室内楽管弦楽団の音楽監督に就任して以来、楽団を率いて活発な活動を展開してきた。1990年からは、パナソニックのサウンド・テクノロジー・コンサルタントも務めている。平成21年度外務大臣表彰を受賞。

ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル
New York Symphonic Ensemble

1979年、ニューヨーク・メトロポリタン室内楽管弦楽団として活動をスタート。その後現在の名称に改められ、今年で31シーズンを迎える。団員は、ニューヨークを中心に第一線で活躍している演奏家で構成されており、室内楽、ソロ活動にも意欲的で、優れたキャリアを持つ有名アーティストが多数加わっているため、ソロをフィーチャーした作品を多くレパートリーとしている。毎年、ニューヨークの国連本部で開催されるUN国連の表彰式典では、世界中の受賞国の音楽をアレンジした演奏で好評を博している。また若い演奏家を演奏会に積極的に招いて広く紹介しており、その育成に熱心なことでも知られる。85年の初来日以来、毎年のように日本を中心とするアジア・ツアーを行っている。